お茶のお話…急須


お茶は3つに分類されます
お茶の味って?
成分と効能について
お茶の力を科学すると 美味しい淹れ方
保存の注意 急須も重要アイテム 古くなったお茶の葉は?


急須あれこれ


急須はお茶をおいしくいただくための道具です
お茶のうまみのもとは、茶葉の「より」にあります。このよりが適温のお湯によってほぐれ、「うまみ」が溶け出します。
急須選びは、お茶の味わいを左右する重要な決め手となります。


急須選びのポイント
「とこなめ焼き」は酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れた時にお茶のタンニンと反応し、苦みがとれ味がまろやかになリます。


胴と蓋がぴったりと合っていること。すり合わせ(急須本体に合うフタを造るため、一つ一つ急須とフタを磨り合せている)が上手く出来ている急須はフタのガタツキがありません。


取っ手が持ち易い長さと太さであり、バランスよく注ぎやすい最適な角度につけられている。


「注ぎ口」は計算された大きさ、角度、先端の切り具合によりお茶切れがよい。


最後の一滴までしぼりきるため、重量が軽い方が扱いやすい。


茶こしの部分については現在ステンレス製のアミが多く出回っています。 アミの形は様々でそれぞれ特色をもっています。金属製のアミに共通していえることは陶器製に比べ詰まりにく く粉っぽい深蒸し茶にも対応できる点です。
しかし金属製のものはお茶の味を変えると言われ、薄い平たい陶板で大きな丸味のある陶製茶こしを薦めている専門店も多くあります。
写真下のように、茶こしの部分も急須の他の部分と同質の土で作られています。価格が少し高めですので、使用する茶葉の形状に合わせて急須を選ぶことをおすすめします。

ステンレス網急須
ステンレス網
ステンレス網 帯急須
ステンレス網
ささめ急須
陶製
ステンレス網 ブランコ急須
ステンレス網

また、ふたを開けた口のところに網の茶こしが付いた急須は、茶葉がお湯全体に広がっていく余裕の空間が少ないためお茶本来の持ち味が引出せません。茶葉にまんべんなくお湯が行き渡り、急須の中いっぱいに茶葉が広がることでお湯に「うまみ」が抽出されるのです。



お茶をいれるゆとりの時間。急須をゆすらず、最後の一滴までしぼりきる。ひと手間を惜しまないことで、お茶本来のおいしさを堪能できます。
自分の気に入った急須を大切に、愛着を持つ事が美味しいお茶を淹れることにも繋がるのではないでしょうか。


HOME BACK