お茶のお話


お茶は3つに分類されます
お茶の味って?
成分と効能について
お茶の力を科学すると 美味しい淹れ方
保存の注意 急須も重要アイテム 古くなったお茶の葉は?


お茶の保存

お茶は思った以上にデリケートです。上級茶ほど環境に強く影響されます。買い求めたお茶をいつまでも美味しく味わうためには、小出しにして使い、長期保存される場合は冷凍庫での保管をおすすめします。開封後は1ヶ月をめやすに使いきり、入用分を頻繁に購入されるとよいでしょう。


湿気 
室内の湿気の多い場所に置かないようにしてください。キッチンのシンク下は湿度が高くなるので避けてください。

酸化 
お茶は空気中の酸素にふれると酸化して、本来の味と香りが少しづつ失われてしまいます。袋の口は、しっかり閉めて密封してください。普段は茶缶に移し変えてお使いになると良いと思います。


高温 
温度の高い場所に置くと蒸れて変質を早めます。暑い夏は特に注意が必要です。涼しい場所を選ぶか、茶缶をビニール袋に入れて冷蔵庫に入れてください。


移り香
お茶は脱臭剤の原料に使われるように、他の臭いを大変よく吸収します。においの強い食品や香りのあるものの近くは避けてください。冷蔵庫に入れる場合は庫内の臭いが移らないよう密封してください。また、魚や柑橘類、香料の含まれているもの(線香、化粧品、石鹸など)に触れた手で直接触らないように気を付けてください。

 
光も品質の低下を早めます。日光や蛍光灯の光を遮断することで品質が長く保てます。


HOME BACK