お茶のお話…美味しい淹れ方


お茶は3つに分類されます
お茶の味って?
成分と効能について
お茶の力を科学すると 美味しい淹れ方
保存の注意 急須も重要アイテム 古くなったお茶の葉は?


お茶を美味しくいれるにはお茶の葉をたっぷりめにお使いください。お湯の温度と待ち時間が味を左右します。

お茶を選ぶ
お茶の葉の良し悪しを選び分けることは当然ですが、自分の飲む目的に合わせてお茶を選ぶことが大切です。たっぷりと熱湯を使い香気を楽しみたい時には煎茶やほうじ茶や玄米茶。時間にゆとりがあり、ゆったりお茶を味わいたい場合は玉露やかぶせ茶が良いでしょう。

茶器を変える
お茶の種類によっても茶器を使い分けることが大切です。玉露は小ぶりの急須と湯呑み茶碗を、煎茶はやや小ぶりの器で、深むし煎茶の急須は茶漉しが細かい網目になっているものをご使用ください。玄米茶や焙じ茶は大き目の土瓶を用い、熱湯で淹れるため、手に熱さが伝わりにくい厚手の湯呑み茶碗を使いましょう。

水質
水道水はカルキ臭を抜くため、5分間位やかんのふたを取って沸騰させてお使いください。できれば汲み置きした水を使用するとより美味しく味わえます。ミネラルウォーターを使う場合は軟水をご使用ください。

お湯の温度
下記の表を参考にしてください。
お茶の銘柄によっても適温が微妙に違います。いろいろお試しになってください。お茶の旨みはアミノ酸によるものなので、あまり熱いお湯で出すとタンニンの渋みが勝ってしまいます。

待ち時間
お茶の葉が底に沈み、湯ばかりが上面に透けているという状態では、白湯に色がついた程度のお茶しか楽しめません。茶葉の「より」が適温のお湯によってほぐれ「うまみ」が溶け出すのを待ちましょう。多くの場合、せっかく良いお茶を選び適量の葉や湯を用いていながら、この最後の時間の取り方を誤って、お茶の味を台無しにしてしまうことがあります。二煎目は待たずに淹れてください。

茶種 玉露
かぶせ茶
煎茶
玄米茶
ほうじ茶
茶の量 大さじ1.5杯
7g〜8g
大さじ1.5杯
7g〜8g
大さじ3杯
10g〜11g
湯の量 100cc 200cc 300cc
湯の温度 50℃〜60℃ 80℃〜90℃ 熱湯
待ち時間 2分半〜3分 30秒〜1分 即時〜15秒


注ぎ方
数人分を一度にいれる時は、順に一往復して均等に注ぎ分けることが必要です。
急須に残ったお湯をしっかり切ります。ことに玉露の最後の一滴は旨みのエッセンスです。こうすることで二煎目も美味しくいただけます。



玉露を淹れる

露天園で育つ煎茶などに対して、よしずなどで日光を遮った「覆下園」で育つ玉露は、まろやかな味と独特の覆香を大切につくられ、味わい深いお茶として愛されております。

製品になるまでに手間がかかるので少々お値段が張りますが、煎茶や番茶とはひと味もふた味も違った美味しさを味わっていただけます。

玉露普段の暮らしの中で味わう機会の少ない玉露ですが、特別難しい淹れ方はありません。良質の水をお使いになり、淹れるお湯の温度(50℃〜60℃)に気を付けて、気軽に楽しんでいただきたいと思います。

こぶりの急須をお使いになるとよいでしょう。お湯の量は100ccで玉露大さじ一杯半くらいです。

1、茶碗、急須、湯さまし器、茶壷、茶合、茶托を用意します。
2、湯さまし器に、よく沸騰させたお湯を入れ、茶碗にもお湯を入れ暖ためておきます。
茶壷から茶合に適量の玉露を移し急須に入れます。

茶櫃
1
急須にお茶を投じる
2


3、冷ましておいた湯さまし器のお湯(50〜60℃)を静かに急須に入れます。
一煎目を急須に投じた後、すぐに二煎目のお湯を湯さまし器にいれて冷ましておきます。

4、およそ2分半〜3分後、茶碗のお湯を捨て、五碗とも同じ濃さになるようお茶を注ぎます。最後の一滴までしぼり切ることが大切です。

5、とろりとした甘さと香りがひろがり、お茶を飲むというより、お茶を喫するという表現がふさわしい一服です。

お湯を急須にいれる
3
茶碗に注ぐ
4
茶を喫する
5


煎茶を淹れる

ここでは普通の煎茶を淹れておりますが、深むし煎茶でも同様です。深むし煎茶を淹れる時には茶漉し部分が細かい網目になったものを用意します。

注ぐお湯の量は急須の六分目くらいで、上部に隙間が残る方が美味しく淹れられます。小ぶりの急須をお使いの場合は、まず二つの湯のみ茶碗に均等に注ぎ分けた後、再び急須にお湯を入れ同様に注ぎ分けると上手に淹れることができます。この場合湯冷ましを使って湯を冷まし、湯のみ茶碗にもお湯を入れて暖めておきます。
2煎目からはお湯を入れたらすぐに注いでください。

なお、とこなめ焼き急須は酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れた時にお茶のタンニンと反応し、苦みがとれ味がまろやかになリますのでお薦めです。



お湯を冷ます

よく沸騰させたお湯(200cc)を湯のみ茶碗に注いで冷ましておきます。


適量の茶葉を入れる

急須に2人分(大さじ1杯半)の煎茶を入れます。
茶葉の分量の目安は一人分約5gで一人増える毎に2g足してください。
深むしの場合は、葉が細かいので大さじ1杯位でよいでしょう。何度か淹れると葉の量とお茶の濃さが解ります。

湯のみ茶碗に注ぐ

湯のみ茶碗のお湯が80℃〜90℃位に冷めたら、急須に注ぎます。温度の目安は湯のみ茶碗を手にとって触れるようになった頃です。
お湯は低めの温度で淹れるほどまろやかになります。
30秒〜1分位待って茶葉のよりがほぐれてきたら、湯呑み茶碗に順に一往復して均等に注ぎ分け、最後の一滴まで残さず注ぎ切ります。

出来上がり

一気に注ぐより、2〜3回位に分けてそれぞれの湯のみ茶碗に注ぐと、急須の中のお湯が動いて濃度と味のバランスが良くなります。


HOME BACK