二十四節気と雑節

◆二十四節気
太陰太陽暦で、季節を正しく示すために用いられた言葉です。
一太陽年を太陽の黄経によって24等分し、その分点に節気と中気を交互に配列し、それぞれに季節の名称を与えたものです。
正月節は立春、正月中は雨水などと表しなす。
中気とは冬至から次の冬至までを12等分した各区分点で、二十四節気の偶数番目のものです。

立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨
立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降
立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒


雑節
雑節は二十四節気とは別に、主に生活や農作業に照らし合わせてつくられ、一年間の季節の移り変わりをより的確につかむことができます。古くから日本人の生活の中に溶け込んで、年中行事、民俗行事となっているものも多くなじみ深いものです。

節分

立春の前日、2月3日ごろにあたります。この夜鬼打ちの豆をまいたり、柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口にはさんだりして邪気をはらう習慣があります。

彼岸

春分の日と秋分の日をそれぞれ中日とする7日間のことです。
彼岸の始めの日を「彼岸の入り」といい、終わりの日を「彼岸の明け」、といいます。この間先祖の霊を供養し、墓参などが行われます。
春の彼岸、秋の彼岸と呼ばれます。

社日

春分と秋分に最も近い戊(つちのえ)の日、この日土地の神様を祭ります。
春の社日を春社といって五穀の種子を供えて豊作を祈り、秋の社日を秋社といって初穂を供えて収穫を感謝します。

八十八夜

立春からかぞえて88日目にあたる日で、だいたい5月2日頃です。春と初夏の境目であり茶摘み、苗代のもみまきなど一般に農作業の目安とされて農作業も一段と忙しくなります。

入梅

太陽の黄経が80度に達した日で、6月11日ごろです。
気象では、梅雨に入る日を指し、地域や年により異なります。

半夏生

太陽の黄経が100度にある日で、夏至から11日目にあたります。7月2日ごろで、この頃から梅雨が明け、田にカラスビシャク(半夏)が生えるのを目安に田植えの終期とされてきました。

土用

一年に4回あり、立春、立夏、立秋、立冬の前各18日間です。
現在では「土用」といえば、立秋の前の夏の土用を指し、丑の日に鰻を食べる風習があります。

二百十日

立春から数えて210日目、9月1日頃にあたります。台風襲来の時期で、稲の開花期にあたるため、昔から二百二十日とともに農家の厄日とされます。



参考資料:小学館大辞泉
HOME BACK