日本茶専門店 めいせつ堂 日本茶 業務用茶 ティーバッグ 麦茶 健康茶 急須
HOME>茶の知識 お茶あら?かると> 煎茶を淹れる

煎茶を淹れる

ここでは普通の煎茶を淹れておりますが、深むし煎茶でも同様です。深むし煎茶を淹れる時には茶漉し部分が細かい網目になったものを用意します。

注ぐお湯の量は急須の六分目くらいで、上部に隙間が残る方が美味しく淹れられます。小ぶりの急須をお使いの場合は、まず二つの湯のみ茶碗に均等に注ぎ分けた後、再び急須にお湯を入れ同様に注ぎ分けると上手に淹れることができます。この場合湯冷ましを使って湯を冷まし、湯のみ茶碗にもお湯を入れて暖めておきます。

2煎目からはお湯を入れたらすぐに注いでください。

なお、とこなめ焼き急須は酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れた時にお茶のタンニンと反応し、苦みがとれ味がまろやかになリますのでお薦めです。

お湯を冷ます

よく沸騰させたお湯(200cc)を湯のみ茶碗に注いで冷ましておきます。

適量の茶葉を入れる

急須に2人分(大さじ1杯半)の煎茶を入れます。

茶葉の分量の目安は一人分約5gで一人増える毎に2g足してください。
深むしの場合は、葉が細かいので大さじ1杯位でよいでしょう。何度か淹れると葉の量とお茶の濃さが解ります。

湯のみ茶碗に注ぐ

湯のみ茶碗のお湯が80℃〜90℃位に冷めたら、急須に注ぎます。温度の目安は湯のみ茶碗を手にとって触れるようになった頃です。

お湯は低めの温度で淹れるほどまろやかになります。
30秒〜1分位待って茶葉のよりがほぐれてきたら、湯呑み茶碗に順に一往復して均等に注ぎ分け、最後の一滴まで残さず注ぎ切ります。

出来上がり

一気に注ぐより、2〜3回位に分けてそれぞれの湯のみ茶碗に注ぐと、急須の中のお湯が動いて濃度と味のバランスが良くなります。


お茶の淹れ方 / 玉露を淹れる 


HOME | かぶせ茶|  煎茶 |  玄米茶 |  ほうじ茶 |  粉茶  | お茶200パック 
  麦茶  |  健康茶  |  昆布茶  |  急須
商品一覧   |   ご注文ガイド   |   特定商取引法   |    サイトマップ
Copyright© 幸田明雪堂茶舗 Since2000 All rights reserved.