日本茶専門店 めいせつ堂 日本茶 業務用茶 ティーバッグ 麦茶 健康茶 急須
商品一覧 ご利用ガイド 特定商取引法 サイトマップ よくある質問


HOME> 茶の知識お茶あら?かると> 玉露を淹れる

玉露を淹れる

よしずなどで日光を遮った「覆下園」で育つ玉露は、まろやかな味と独特の覆香を大切につくられ、味わい深いお茶として愛されております。

製品になるまでに手間がかかるのでお値段は少々張りますが、煎茶や番茶とはまた違った美味しさを味わっていただけます。

普段の暮らしの中では、味わう機会の少ない玉露ですが、特別難しい淹れ方はありません。良質の水をお使いになり、淹れるお湯の温度(50℃〜60℃)に気を付けて、気軽に楽しんでいただきたいと思います。

写真は煎茶器を使用しておりますが、こぶりの急須をお使いになるとよいでしょう。お湯の量は100ccで玉露大さじ一杯半くらいです。

1、茶碗、急須、湯さまし器、(茶壷、茶合、茶托)を用意します。
2、湯さまし器に、よく沸騰させたお湯を入れ、茶碗にもお湯を入れ暖ためておきます。
茶壷から茶合に適量の玉露を移し急須に入れます。

茶櫃
1
急須にお茶を投じる
2

3、冷ましておいた湯さまし器のお湯(50〜60℃)を静かに急須に入れます。
一煎目を急須に投じた後、すぐに二煎目のお湯を湯さまし器にいれて冷ましておきます。

4、およそ2分半〜3分後、茶碗のお湯を捨て、五碗とも同じ濃さになるようお茶を注ぎます。最後の一滴までしぼり切ることが大切です。

5、とろりとした甘さと香りが堪能できます。

お湯を急須にいれる
3
茶碗に注ぐ
4
玉露を味わう
5


HOME | かぶせ茶|  煎茶 |  玄米茶 |  ほうじ茶 |  粉茶  | お茶200パック 
  麦茶  |  健康茶  |  昆布茶  |  急須
商品一覧   |   ご利用ガイド   |   特定商取引法   |    サイトマップ
Copyright© 幸田明雪堂茶舗 Since2000 All rights reserved.