日本茶専門店 めいせつ堂 日本茶 業務用茶 ティーバッグ 麦茶 健康茶 急須
商品一覧 ご利用ガイド 特定商取引法 サイトマップ よくある質問


HOME> 茶の知識お茶あら?かると> お茶の種類

お茶の種類

現在飲まれている日本茶、中国茶、紅茶の3種類のお茶はツバキ科に属する同じ品種の樹の葉からつくられています。 製造の違いによって、大きく3つに分かれます。

◆ウーロン茶--- 半発酵茶 

◆紅 茶--- 発酵茶
お茶の葉の中には酵素があり、摘み取ってそのままにしておくと自然に発酵してだんだん茶色になってきます。この酵素の働きを利用したもの。

◆蒸し製緑茶・釜炒り製緑茶--- 不発酵茶
美しい緑色に仕上げるため加熱処理をほどこし酵素の働きをストップさせたもの。

宇治茶

(蒸し製緑茶)
抹茶
━茶園に覆をして新芽を育てる。 玉露
かぶせ茶
煎茶
━覆をせずに太陽の下で新芽を育てる。
京番茶


抹 茶

栽 培 覆下園で約20日間以上日光をさえぎって新芽を育てる。
製 造 生葉を蒸し、揉まずに乾燥させる。碾茶(抹茶原葉)と呼ばれる。
精 撰 碾茶の柔らかな葉肉だけを石臼で挽くと抹茶になる。

玉 露

栽 培 「覆下園」で約20日間以上日光をさえぎって新芽を育てる。
製 造 生葉を蒸し、揉みながら乾燥させる。
精 撰 茎、粉など除き、締りのよいよく揉んだ茶だけを撰別する。

かぶせ茶

栽 培 煎茶の茶樹に簡単な覆を数日間直接かぶせて育てる。
製 造 生葉を蒸し、揉みながら乾燥させる。
精 撰 茎、粉、大葉など除き、よく揉んだ茶だけを撰別する。

煎 茶

栽 培 覆をせず、太陽の下で光を浴びて新芽を育てる。(露天園)
製 造 生葉を蒸し、揉みながら乾燥させる。
精 撰 茎、粉、大葉など除き、よく揉んだ茶だけを撰別する。

雁金(茎茶)

玉露、かぶせ茶、煎茶のそれぞれの精撰過程で撰別された若茎といい、雁ヶ音や白折などとも呼ばれる。

沈粉(芽茶)

生葉が小さく、製造によって丸くダンゴ状になったものが、精撰過程で玉露、かぶせ茶、煎茶からそれぞれ撰別されたもの。

粉 茶

玉露、かぶせ茶、煎茶からそれぞれの製造や精撰過程で、できた微粉が撰別されたもの。

川 柳

生葉が厚く大きいため、製造で太く揉まれ精撰過程でかぶせ茶や煎茶からそれぞれ撰別されたもの。

ほうじ茶

煎茶や川柳を高温でほうじたもの。

玄米茶

かぶせ茶、煎茶、川柳などに炒った米をブレンドしたもの。

京番茶

一番茶を摘採した後の古葉を刈り取り、蒸してそのまま日乾したもの。


HOME | かぶせ茶|  煎茶 |  玄米茶 |  ほうじ茶 |  粉茶  | お茶200パック 
  麦茶  |  健康茶  |  昆布茶  |  急須
商品一覧   |   ご注文ガイド   |   特定商取引法   |    サイトマップ
Copyright© 幸田明雪堂茶舗 Since2000 All rights reserved.